新年特設ページ - 蒟蒻日誌
FC2ブログ

新年特設ページ



 「あけましておめでとうございまーす!」




       「あけましておめでとう!」




  「やってまいりました新年!」




        「やってきたぜ私達!」










「新年早々なんだけど、去年は大変だったわよね。激動の年って感じだった」




    「全くだ……忘れもしない……
      そう、8月28日!!!!」


 「comicon京都summerね。
  このサークルconnya*colloidの
  初イベント参加ってことで
  みんな緊張してたのを覚えてるわ」




「絵師なんかは特にそうだったんじゃないのか」


「変なテンションになったり、風邪ひいてた奴もいたけど、最終的にはみんな楽しんでたわね」



「風邪ひいてた奴は前日準備で調子に乗ったからだろ……」


「ずぶ濡れになった後はおとなしくしとけってコトね」







「ずぶ濡れといえば、その後の旅行企画は台風直撃だったそうだな」



「ピンポイントで直撃させるあたりは流石としか言いようがないわ」



「滋賀県なんて、めったに台風通らないのにな。……幻想郷は、どうだっけ?」



「幻想郷はしょっちゅう通るじゃない、台風。それも戦闘中にピンポイントで」



「わたし達の上にだけ通るんだよな、台風。
間違いなく何処かの妖怪が操作してるぜ」







「で、その旅行企画の後は……
 12月のcomicon京都winterじゃない。
 全然なにもしてないわね、このサークル」


「フォローしてやると、2月にはHPつくって、さらにこのブログが出来てたのぜ。
そしてちまちまと更新してたり、してなかったりする」




  「やっぱり駄目じゃないの」



「ま、まあ個人の環境が大きく変わっていろいろタイヘンだったみたいだな」



「そんな、どうでもいい話は置いといて。
でも、『イベントに参加した』ってのは大きかったわね」



「今年もドンドン参加していくらしいから、見つけたら冷やかしてやるといいぜ」







 「今年の……って、ちょっといい魔理沙?
  まだこの企画続けるの?」




「まだ1分ぐらいしか経ってないから大丈夫だ」




 「なん……1分……いっぷん………」








「さあ、気を取り直して、今年の抱負発表いってみよー!!
霊夢の抱負はなんだー?」



「………………お酒の勢いで安請け合いしない」



        「そいつは賢明な判断だ」




 「あと、お酒をいっぱい飲む」




      「……乙女心は複雑なんだな」



「安請け合いさえしなければいいのよ!
 だからいっぱい飲むの!!」





「全く以って乙女のする発言じゃないな」



「そういう魔理沙はどうなのよ?
『盗む量を減らします』とかなんでしょう?」


「おいおい、盗むなんて人聞きの悪いことを言うなよ。ちょっと死ぬまで借りてるだけだぜ。そして私の抱負は『今年も返さない』だ!!」



「あんた……いい加減パチュリーあたりが泣き出すわよ……」







「ところで、コンニャコロイドのメンバーの抱負はないのか?」




 「みんな自分の記事で言うんじゃない?」



 「せっかく来たってのに、それはないぜ
  ……って、あれは……」






「ちわっー、ブン屋ーーーーーーーーっす」











  「なんだ今の……」




「えーと、手紙? どれどれ……
 PN.誤字脱字王さんから、
 『作画を安定させたいです』だそうよ」




  「これって完全に誤z」



「はーい、どこかの誰かさん、新年の抱負ありがとうございましたー」








「さて、もうそろそろやる事が無くなって来たわね……」


「急ごしらえの企画らしいからな。
行き当たりばったりで進行してるらしい。
シナリオ担当が言うには“お詫び”なんだそうだ」




「“お詫び”? また何かやらかしたの?」



「書いてたお話があまりにも面白くなかったから、何か代わりに出せるものを作ったということだな」



「ははあ、噂に聞く『壁』って奴なのかしらね」


「本人は恥ずかしいからそんな大げさに言われたくないみたいだな。でも本人曰く、壁を壊すどころか気づいたら壁の中に埋まってたらしい」



「完全に詰んでるじゃないそれ、
 もうちょっと早く気付きなさいよ……」









「さあ、じゃあそろそろまとめ……」




「すっーーーーーーーー屋ンブ、-っわち」










  「だからなんなんだよ今の……」




 「ああ……せっかく帰れると思ったのに」






  「え、えーと、どれどれ。
   お、霊夢、朗報だぜ」



「えーと? なになに。
『会長・若禿enのシナリオによる、ノベルゲームがほぼ完成致しました!現在テストプレイ中ですので、近日中に公開予定です!!』」




  「つまり、宣伝ってことだな」



「家でまったりしながらプレイするのがおススメね」








『ねえ、魔理沙、もう3分ぐらいは経ったんじゃない?』
  『言い過ぎだぜ霊夢、せいぜい2分ぐらいだ』













 「ということで、まとめるわよ!」




   「すごく嬉しそうだな、霊夢」




「ここまでお付き合いくださったみなさん、本当にありがとう!!
途中お伝えしたように、行き当たりばったりのグダグダで申し訳なかったわ」



「シナリオ担当もいつかリベンジしたいらしいので、その時はまた付き合ってやってくれ」




「…………まあ、少しだけならいいかな」







「それでは!本年も、サークル『connya*colloid』をよろしくお願いします!!」



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャク男

Author:ニャク男
connya*colloidメンバー全員が
適当に更新していくブログです
生存報告みたいなもんです
HP→-connya*colloid-


web拍手 by FC2

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR